肌の黒ずみに対してやってはいけない行為ってあるの?詳しく紹介していこうと思います。

 

膝の黒ずみ、やってはいけない、行為

 

 

やってはいけない行為@ごしごし洗いや角栓の押し出しはNG!

 

よく勘違しているのが、黒ずみを汚れだと思っているケースです。黒ずみは、表面に汚れがついているわけではないのでいくらごしごしと力を入れて洗ったとしてもとれることはありません。

 

黒ずみの原因はそもそも、毛穴の皮脂汚れや色素沈着によるものです。そのため、刺激や摩擦を与えることはかえって症状を悪化させることにも繋がってしまうのです。

 

また、よく角栓や毛穴のぽつぽつを爪を使って押し出そうとする人がいますが、これもまたNG行為です。刺激になるばかりか、炎症を起こしかねない危険な行為と言えるので絶対にやってはいけません。

 

普段の黒ずみに対しては、洗い方を一工夫してみるのがおすすめです。例えば、お風呂で洗う際はタオルなどの刺激になりそうなものではなく、泡で優しく包み込むように手で洗ってみたりするのもいいでしょう。

 

普段から刺激や摩擦を与えないように努めることも、黒ずみ対策の一環です。また、泡のすすぎ残しもまた刺激になりえるものです。

 

洗浄後は、しっかり清潔なお湯で流し、しっかりタオルで水気を拭き取ったら保湿ケアを行いましょう。

 

 

 

 

 

やってはいけない行為AまちがったピーリングはNG!

膝の黒ずみ、やってはいけない、行為
毛穴や黒ずみにはピーリングが一番!という話を聞いたことがある人もいると思います。実はこれもまた注意が必要な行為です。

 

なぜなら、ピーリングは黒ずみ対策の1つである角質ケアには最適ですが、刺激が強すぎるとかえって肌を傷めることに繋がるためです。強すぎるピーリング剤や、強すぎる刺激が、肌にダメージを与えますます色素沈着による黒ずみを増やしてしまいかねません。

 

ピーリングを行う際は、必ず自分の肌質に合っているかを確認することはもちろんのこと、短時間かつ継続して使わないようにしましょう。また、敏感肌の人はピーリングをすることでますます肌が荒れやすくなってしまうので絶対行わないようにしましょう。

 

尚、ピーリングをどうしても行う際は自分の体調を考慮することも大切です。生理中の人、妊娠中の人はホルモンバランスが乱れやすく、肌の状態が非常に不安定になっていることがあります。

 

こうした場合は、無理にピーリングを行うことはやめるのが最適です。生理が終わり、ホルモンバランスが落ち着く周期を見計らって行うことで、毛穴や肌のトラブルを回避することができるでしょう。

 

ちなみに、ピーリング以外にもスクラブが入った洗浄剤を使う人もいると思います。スクラブもまた、角質ケアには最適ですが
刺激が強い場合があるので、ピーリング同様自分の体調と相談しながら、信頼できるものを選び、短時間かつ継続して使わないようにしましょう。

 

 

 

 

やってはいけない行為B乾燥させるのはNG!

膝の黒ずみ、やってはいけない、行為

 

黒ずみは皮脂汚れも原因の1つです。そのため、ベタベタする環境が良くないと思いこみ、保湿をせずに乾燥状態にしているという人も中にはいます。
実はこれもまたNG行為の1つなんです。黒ずみの原因の1つはズバリ乾燥!

 

乾燥状態を敢えて作り出しておくなんてのは、間違いなのです。正しい対処法は、しっかり保湿ケアをすることにあります。
黒ずみが目立ちやすくなる毛穴は、乾燥すると開きやすくなります。すると、悪目立ちしてますます黒ずんでいると見えてしまうものなのです。

 

こうした目立ちを抑えるためにも、普段から乾燥しやすい場所はしっかり保湿しておくのが一番なんです。ちなみに、ボディクリームなどを普段から常用するのもいいですが、黒ずみ対策用のクリームを使用すると尚GOOD!

 

黒ずみ対策用のクリームには、色素沈着によって起こる黒ずみに対して美白を行ってくるケア成分もしっかり配合されていることが多いので、毎日使い続けて習慣化しておくのが美脚づくりの近道だと言えます。

 

肌の黒ずみトップページ